茹でる、

VarioCookingCenter®

VarioCookingCenter®

監視の要らない調理システム

野菜、麺、リゾット、牛乳、ベシャメルソース…。VarioCookingCenter®ならご希望の料理を、従来の深鍋や鍋よりも早く、そして監視を付けずに調理できます。内蔵された調理知能が熱エネルギーを精密に食材へと伝導し、調理プロセスを常時監視します。

成功の保証。牛乳の吹きこぼれや、リゾットの焦げ付きの心配がなくなります。

VarioBoost®加熱システム

昇温を記録的なスピードで

VarioCookingCenter®は自動的に注水し、記録的な早さで液体を沸騰させます。冷たい食材が投入されでも、高性能のVarioBoost®加熱システムによって、沸騰を続けます。

常時の温度制御

焦げ付きや吹きこぼれなし

内蔵型の調理知能、VarioCookingControl®は厨房での日常業務をサポートし、絶え間ない温度制御や監視といった面倒で煩雑な作業を代わりにおこないます。

パスタ、スープ、デザートなどの調理の際には、キーを押すだけで、加熱の強度から火の通り具合や調理時間にいたるまで希望の仕上がりを選択できます。

オートリフト

アルデンテのパスタ。監視は一切不要

50人分または300人分のパスタが、わずか30分で、監視をつけずに、アルデンテで仕上がると想像してみてください。

SelfCookingCenter®なら問題ありません。内蔵の調理知能が調理プロセスを監視するので、ベストなタイミングで食材が湯から引き上がります。これで、完璧な仕上がりとなります。

リットル単位の給水

もっと身体に優しい操作と作業安全性を

VarioCookingCenter®は1リットル単位で注水し、内蔵の排水口から再びスピーディーに排水します。

これで火傷、滑りやすい床での転倒を防止でき、苦労して重いものを運ぶ必要もなくなります。