オーバーナイト調理

VarioCookingCenter®

VarioCookingCenter®

オーバーナイト調理によって調理時間を追加

VarioCookingCenter®は夜間でも、監視を必要とすることなく稼働できます。

内蔵型の調理知能であるVarioCookingControl®が温度を細かく調整し夜間に調理。翌日には希望通りの仕上がりの料理が出来上がっています。これで時間を節約し、生産能力が向上します。

オーバーナイト調理

キー操作でらくらく

通常は液体の中で調理する大きな肉の塊は、 VarioCookingCenter®ではオーバーナイト調理機能で調理できます。

ボイルドビーフ、牛の胸肉、ハムなどを、優しい方法で調理すると、翌日には驚くようなクオリティの料理が出来上がっています。

煮込みにも監視は不要

低温調理で最高の仕上がり

煮込み料理がこれまでになく簡単になりました。VarioCookingCenter®では、牛肉、羊肉、ジビエなどの煮込みも夜間のうちに調理できます。

自動予熱の後に、肉を焼き付けてください。それに続いて、液体の注入がリクエストされます。そしてもう、肉を夜間のうちに低温で煮込むことができます。

オーバーナイトブレゼ

監視の手間が不要

VarioCookingCenter®ではビーフポットロースト、漬け込み肉のロースト、七面鳥のもも肉、オッソブーコ、ビーフロールなどを非常に柔らかく、ジューシーに調理できます。

オーバーナイトブレゼ機能は、ソースの中で調理する全ての肉料理に利用できます。肉の種類、希望の調理時間、火の通り具合を入力すると、VarioCookingCenter®が残りの作業を請け負います。