ソフトウェア・アップデート

最新の状態に保つために。

RATIONALの調理システムは、スマートフォン等と同様に:ユニットを常に最新の状態に保ち、ソフトウェア・アップデートを定期的に実行することで、可能な限り最高の性能と安全基準を達成し、新たな機能の恩恵を享受できます。 

お客様のメリット:
  • アプリケーション機能と性能の拡張と改善
  • 安全基準の向上
  • トラブルシューティング

自動ソフトウェア・アップデート

ConnectedCookingを用いて。

ConnectedCookingをご利用いただくと、無償かつ自動のソフトウェア・アップデートを最も簡単で、迅速にご利用いただけます。RATIONAL調理システムをConnectedCookingに接続し、ユニット設定/ConnectedCooking/自動ソフトウェア・アップデート で有効化を行うと、新しいアップデートがまったく自動的にユニットに送信されます。一度タップして確定するだけで、アップデートが実行され、ユニットが再起動します。このプロセスは数分で完了します。

マニュアル・ソフトウェア・アップデート

USBスティックを用いて。

ソフトウェア・アップデートを手動で実行する場合は、RATIONAL調理システムの最新ソフトウェア・バージョンをこちらでご確認いただけます。

アップデートにはオリジナルのRATIONAL-USBスティックをご使用ください。ソフトウェアをダウンロードし、ファイルを解凍して、各ファイルをUSBスティックにロードしてください。これをRATIONAL調理システムのUSBポートに差し込み、ユニットのディスプレイ上の指示に従います。SelfCookingCenterまたは2016年9月以前に製造の VarioCookingCenterのマニュアル・ソフトウェア・アップデートの実行については 、サービスパートナーまでご連絡いただくことをお勧めします。ご質問の際は、RATIONALの担当者までご連絡ください。

iCombi Pro

LM100-16.1.17

(公開日:2022年6月)

新しいセキュリティ証明書のもとで安全基準が向上 - ConnectedCookingの使用に不可欠

iVario

LMX-2.6.13

(公開日:2022年4月)

新しいセキュリティ証明書のもとで安全基準が向上 - ConnectedCookingの使用に不可欠

停電後の再起動

iCombi Classic

LM200-6.0.7

(公開日:2022年6月)

SelfCookingCenter
(製造日が2016年9月以降)

SCC_WE 07-00-10.5.5

(公開日:2022年5月)

新しいセキュリティ証明書のもとで安全基準が向上 - ConnectedCookingの使用に不可欠

VarioCookingCenter
(製造日が2016年9月以降)

VCC-01-01-04.6 / VCC-01-02-04.6

(公開日:2022年6月)

新しいセキュリティ証明書のもとで安全基準が向上 - ConnectedCookingの使用に不可欠

CombiMaster Plus

C-3-03.00

(公開日:2022年5月)

Loader.

RATIONALのローダーがソフトウェア・アップデートのファイルの解凍とコピーを完全に自動で実行します。ここではRATIONAL-USBスティックを用いてください。USBスティックにファイルが保存され次第、ソフトウェア・アップデートを手動で実行できます。

ユニットのライン iCombi Pro/Classic
ローダー ダウンロード
ユニットのライン iVario
ローダー ダウンロード
ユニットのライン SelfCookingCenter/CombiMasterPlus
ローダー ダウンロード
ユニットのライン VarioCookingCenter
ローダー ダウンロード